オリジナルジャンパーを安価に作りたいとき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

せっかくのオリジナルジャンパーですから、色もデザインもこだわったうえで、できるだけ安価に仕上げたいものです。ユニフォームの用途はそれぞれ異なりますが、大きなイベントやコンサートなどで、スタッフ一同が同じジャンパーを着る場合、イベントが終了したら使わないということもあります。限定された季節だけ、ジャンパーを使うということもあります。長く使うものでないのなら、なるべく安価にできるように工夫できます。
ジャンパーの素材や着心地も、商品によって色々なものがあります。冬限定で利用するなら、なるべく暖かい生地を選ぶことができます。長く使うものなら、フリース生地やポリエステルと組み合わせた丈夫な生地を選ぶ人もいます。一方、価格を重視するなら、ナイロンや薄い生地のポリエステルなどを選ぶことができます。

色々な割引を使う

オンラインでオリジナルジャンパーが作れるサイトは色々ありますが、ほとんどの場合割引があります。割引の種類は色々ありますので、まずサイトをチェックして確認します。特に多いのは、早割です。急ぎで発注した場合、どうしてもデザインなどを検討する時間が短くなります。時間に余裕をもって発注すると、割引特典もついてお得です。
大学のサークルでオリジナルジャンパーを制作する場合、学割などを適用する会社もあります。学校名を明記して発注し、デザインも学校のロゴなどを使用する場合、お得に制作できる場合があります。枚数が多い場合も、割引の対象になることが多いので、なるべく一度に発注すると良いでしょう。100枚以上とか300枚、500枚以上といった大量発注で、割引が適用されることがあります。

定番を活用する

低価格でオリジナルジャンパーを作る方法として、定番商品を使うというのも良いです。それぞれの会社でよく発注されている定番のカタチ、定番のプリントラインナップがあります。こうしたものを使い、デザインなどにかける時間や費用を抑えることができます。
カラーはほとんどの場合、変更しても価格に関係ないので、オシャレな色を取り入れて、オリジナリティを出すことも可能です。色々なカラーを組み合わせて発注することもできます。定番の商品なら発注してからの製造日数や、発送など全体の納期も短縮できます。こうした商品は、ホームページの上部の方に表示されているので、人気ランキングの上位の方から探すと便利です。