オリジナルジャンパーを制作する前に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オリジナルジャンパーを制作する流れをチェックします。ほとんどのホームページには、注文の流れが記載されています。
選んだ商品の枚数とデザインからまず、見積もりが送られてきます。価格を確認し、デザインの修正や依頼などのやりとりを行います。不安な点や分からないことなどは、この時点でよく聞いておきます。
商品が決まったら発注です。デザインのチェックは画面上でも確認できるので、よくチェックします。色の雰囲気、ロゴが間違っていないかなど確認し、プリント制作が始まります。約2週間程度でプリントされたジャンパーが届きます。
支払いの方法や、プリントに不具合があった場合の返品の仕方など、細かい部分ですがホームページを読んでおくと安心です。返品する場合も、大体の場合は返品期日が決まっているので、その間に返品するようにします。

納期のチェック

納期は、オリジナルジャンパーを制作する際に重要なポイントとなります。インターネットサイトから発注すると、お届け日の予定日についてメールで連絡が来る場合が多いので、メールから納期を確認します。発注してから約2週間程度となっていますが、土日や祝日をはさむと、さらに後ろに納期がずれますので、余裕をもって発注するようにします。
イベントスタッフがみんなで着るための、オリジナルジャンパーを発注する場合、イベントの日程は決まっていることが多いので、その期日に間に合うように、発注できます。

サイズのチェック

オンラインサイトでオリジナルジャンパーを制作する際、サイズのチェックは重要なポイントです。制作するメーカーによって、同じMサイズでも肩幅や着心地が異なる、ということがあります。ホームページのサイズ表などで細かい数値を確認して、ジャンパーの大きさをチェックしておくことができます。
イベントスタッフがお揃いのユニフォームを発注するときは、下に着ているシャツやユニフォームの厚みも考慮する必要があります。
ジャンパーは上に羽織るものなので、自分が普段着ているものより、一回り大きめのものでも良いかもしれません。大きさがどうしても心配な場合、サンプルを依頼するという手もあります。発注までに時間があるなら、サンプル品を発注し、実際に大きさを着てみて確認することができる会社が多いので、そういった制度を利用することも考えます。手にとって着てみると、雰囲気がよりよくわかります。

ピックアップ記事

オリジナルジャンパーを制作する前に

オリジナルジャンパーを制作する流れをチェックします。ほとんどのホームページには、注文の流れが記載されています。選んだ商品の枚数とデザインからまず、見積もりが送られてきます。価格を確認し、デザインの修正...

オリジナルジャンパーを安価に作りたいとき

せっかくのオリジナルジャンパーですから、色もデザインもこだわったうえで、できるだけ安価に仕上げたいものです。ユニフォームの用途はそれぞれ異なりますが、大きなイベントやコンサートなどで、スタッフ一同が同...

デザインはどうする?オリジナルジャンパーの作り方

ジャンパーを着てまず目に入るのは、デザインでしょう。背中に大きなロゴがついていたり、胸の部分にお揃いのマークがはいっていたりするものを見かけることがあります。ほとんどの会社では、デザインを無料で行って...

お揃いのオリジナルジャンパーを作りたい理由

オリジナルジャンパーを作りたい理由は、人によって異なるでしょう。しかしほとんどの場合、一人で着るためではなく、みんなでお揃いのものを着たいときに作るものではないでしょうか。大学のサークルなどで一緒にイ...